スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外の反応 アニメ「3月のライオン」第5話  

282c30ef_201611061756267d2.jpg 3月のライオン 第5話 あらすじ「Chapter.9 契約 & Chapter.10 カッコーの巣の上で」 

あかりに頼まれてモモを保育園に迎えに行った零だが、帰り道で転んだモモが怪我をしてしまう。その手当てをしながら、零は幼い頃に家族を失くした日のことを思い出す。 突然の事故によって失われた両親と妹、暖かな家。葬儀の場で孤独にたたずむ零に声をかけたのは、父の友人でプロ棋士である幸田柾近だった。 「君は……将棋、好きか?」

107b4bc5_20161106175543b56.jpg 7f16b47f.jpg 9d0c3bc0.jpg 0d56c693.jpg 0b7c0a63.jpg 995db3e6.jpg 3193e05c.jpg 
濃密な20分間だったよ。こんなに暗いエピソードは予想外だったな。 零は幸田さんのことは大好きだったのに、零の存在のせいで彼の家族はめちゃくちゃになってしまったのか。
幸田さんは意図的でないにしろ自分の子供の育て方を間違ってしまった。零のような才能に秀でた子供を育てようとしたんだな。それが香子や歩を傷つけているとも知らずに。。。
前回との落差が激しいな。。。今日も楽しいエピソードかと期待していたのにこんなに鬱になる内容だったとはな。。。
父親への批判がここでは強いみたいだな。でも強固にも原因はあると思うんだ。カナダでも今回のエピソードと似たようなことはあるよ。アイスホッケーが上手い子は同年代の子供からいじめを受けやすいんだよな。。。
香子には同情する面も確かにある。父親の教育のせいで将棋を通してでしか秋穂感じられなくなっていたのかもしれない。でも彼女の性格にも問題はあったんだよ。自分よりも優れている人に強く当たってしまうようならどのみち将棋では勝ち残れなあkッタだろうな。
こういう会もいいね。零の感情が詰まった濃密なエピソードだったよ。
零はなんて辛い過去を送ってきたのだろう。。。 幸田家は零がいなくても遅かれ早かれ破綻していたと思うな。将棋でつながった脆い絆が零のせいで明らかになったのは確かだがな。。。
あの様子だと香子と歩で将棋を競わせていたみたいだね。あれは子供の教育にはふさわしくない、最悪の環境じゃないのかな?
ようやく零の過去が本格的に描かれてきたって感じか。。。今までは断片しか描かれてこなかったからな。今まで彼が受けていた痛みか苦難をようやく理解したよ。 零ほど同情をさせる主人公は見たことがないな。
零の過去は壮絶すぎる。両親を亡くし、親戚は誰も彼を引き取ろうとしない、幸田さんに引き取られてから自分の将棋の才能のせいで家族はめちゃくちゃになってしまい、最後には家を逃げるように出たんだからな。
誰か霊をそっと抱きしめてあげてくれないか。
あの犬の声は小林ゆうさんかな? 動物が言葉を話す演出は可愛くて好きだよ。
零が自分をカッコウに例えたシーンは残酷だった。。。 零が実は将棋が好きでなかったのも衝撃だったな。
高校進学の件で先生と零との会話が印象的だった。学校は自分の将来を見つける場所。だから自分には必要ない。なぜなら自分には将棋しかないから。。。
零に勝てないからという理由で将棋をやめさせたのはどうなんだろうな。。。自分から諦めた歩はともかく。香子にはまだやる気はあったわけだろ?
事故にあった家族と零が対面したシーンは見るのが辛かったな。零は幸田家を憎んではいないようだね。むしろ原因は自分だということをわかっていて逃げ出したみたいだな。
香子は零に対してひどいことをしたみたいだけど、彼女を責める気にはなれないな。あの家族の中でプレッシャーに耐えるには彼女なりに苦労したんだろうしな。。。
これから香子の再登場が楽しみになってきたよ。
https://www.reddit.com/r/anime/comments/5bavs7/spoilers_3gatsu_no_lion_episode_5_discussion/?sort=new https://myanimelist.net/forum/?topicid=1566624

Comment

Name - -  

Title - 

国旗動かさないで 眼が疲れる
2016.11.12 Sat 07:08
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - No title

誤字がとても多いと思います
記事投稿前に添削をされてはいかがでしょうか
2016.11.12 Sat 08:34
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 

>カナダでも今回のエピソードと似たようなことはあるよ。アイスホッケーが上手い子は同年代の子供からいじめを受けやすいんだよな。。。

まるで日本特有の陰湿な現状の様に語る人の多い「出る杭は打たれる」。
でも、出る杭を打とうとするやっかみだの嫉妬だのの醜い感情は、この様に、どんな人間社会でも共通して存在するんよね・・・。
2016.11.13 Sun 11:18
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。