スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外の反応 アニメ「ドリフターズ」第5話  

563af602-s.jpg 

ドリフターズ 第5話 あらすじ「愛をとりもどせ」

巡察隊を皆殺しにしたせいで、エルフの村は軍によって襲われようとしていた。それを阻止するべく、弓矢を作り襲撃に備えるエルフたち。森の中では兵の死体を集めなにやら始める信長にオルミーヌは眉を顰めるが、日の本の侍の死生観がまるで違うことを感じる。ついに村に軍が迫る夜、豊久はエルフたちに村を取り返した後、代官の城館へ攻め入り女子供を取り返せと強く言い放つのだった。 

3a2096f1-s.jpg 1ec73eef-s.jpg0ff594ee-s.jpg

563af602-s.jpg 76ebc5c7-s.jpg74aaff84-s.jpgeeecff32-s.jpg


豊久は私が元もている主人公の要素を全て兼ね備えている理想の主人公だ。カッコイイ! 冷徹な心を持っているけど、自分が信じている信念を貫こうとしている。そして今回のラストシーンのように非道な行為には容赦しない熱い心も持っているね。

信長や豊久などの"漂流者"たちはただの良い人じゃないのが良いよな。血に飢えた二人とも狂戦士だ。
誰も思いつかないような奇怪な作戦は興味深かったな。豊久はただ突っ込んでいただけのようだったけどな... それでも彼の戦闘スタイルはカッコ良い!
このアニメの主人公の島津豊久は大好きだ。彼はただの戦好きの戦士ではない。モラルを持っていて、無駄な血は極力流そうとしなかったのも好印象だ。剣を捨てた相手に切りかかろうとするエルフを止めていたよな。 彼の演説も痺れたよね。あれを聞いたらエルフたちの士気も上がるだろうな。
最後にはエルフたちが再会できると思っていたのに...あれはショックだったな...
前回よりは格段に面白かったよ。エルフたちが自分たちの力で領地を、家族を、誇りを取り戻そうと決意したシーンは身震いしたね。 彼らの弓矢の腕前も見事だった。与一には及ばないがな...
剣を捨てた相手に切りかかるのは恥だ! 豊久が止めてくれたのにラストシーンは残酷なものだったな...彼らは信長の言う通り火薬として使われてしまえばいい。
敵兵士の一人が破傷風を恐れていたけど、あの状況で気にしている余裕はないだろう...
現代では治療法も見つかり破傷風もそれほど恐ろしい病気ではなくなった。だけど中世の医療レベルで考えてみろ。おそらく感染したら二度と助からないだろうな...それほどの致命傷だったんだよ。
本当にクソみたいな内容のエピソードだったな...今まで見た中でこれほどのクソ回は知らないよ。
顔が黒に塗りつぶされていて、目だけが輝いている。「ベルセルク」でもよく見かけるシーンだけどやはりかっこいいよね。
連れ去られた女子供がどうんな目にあっているのか覚悟はしていたけど、やはりショックだったよ。予想以上の凄惨な光景だった...
信長が秀吉のことを「猿」と呼んでいたがこれは歴史的に有名なエピソードなのか?他の偉人アニメやゲームでもそう呼んでいるよね。
攻めの豊久、戦略家の信長、そして弓の達人の与一。素晴らしい連携だな。 与一の回想に出てきたキャラは源義経だね。3話で国王と話していたやつだ。まだ国王に忠誠を誓ってはいないようだったが...
コメディパートには疑問が残るけど、今回は信長と豊久のカッコイイシーンですごく面白かった! やはりこのアニメの良さはバイオレンスな戦闘シーンだよね。味方の容赦のなさが魅力的だ。
どんな戦法で敵兵を倒すのかと思ったら、まさか人糞を使ってくるとはね。予想外だった。 豊久の演説も見事なものだったな。あれこそが誇りや名誉を重んじる日本侍の武士道なんだね。
エルフたちの予想外の弓の上手さに対抗心を燃やしていた与一は面白いシーンだったな。
織田信長が今回使った作戦はトロイアの木馬と似ているね。敵兵をたやすく罠にはめて殲滅していたな。
さて、次回は怒り狂った豊久の大暴れする姿が見られそうだな。楽しみだ。

Comment

Name - 芸ニューの名無し  

Title - 

他の人や他の翻訳サイトでもたまに間違える人いるけど、エンズの大将は「国王」じゃなくて「黒王」やで
2016.11.11 Fri 21:56
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。